フードコーディネーターというお仕事

最近、フードコーディネーターという言葉をよく耳にするようになりました。
食べ物を使ってコーディネートすることを仕事にしている人なのだろうなと、その呼び名から推測できるのですが、実際にはどのようなお仕事なのか、さっぱり分かりません。
そこで、調べてみましたら、あまりにも多岐にわたる分野で活躍することができるということがわかり、正直言って驚きました。
最初に言葉から受けた印象ですと、食に関わることから、飲食店などが活躍の場かな、くらいにしか思わなかったからです。
けれど、食というのは、実際に食べるお店だけにとどまりません。
テレビで紹介されたり、雑誌に掲載されたりする場合には、見た目に美しく、おいしそうに見せる必要があります。
これこそまさにコーディネート以外の何ものでもなく、そうした演出をして見せることこそ、フードコーディネーターの腕の見せ所といえそうです。
これからは、こうしたシーンに出会うたび、フードコーディネーターの苦労の跡を探したいと思います。