ヨガインストラクターを目指すには

いまや世界中に広まっているヨガ人口。
海外旅行に出かけた先でヨガ教室のポスターを見たことがある方も多いのではないでしょうか。
ヨガでは人間の体は肉体、呼吸、意識からなると考えられています。
ヨガをするようになって、精神的に落ち着いて、物事を前向きにとらえられるようなったという人がたくさんいます。
ストレスの多い現代社会において、自分自身の精神と体にゆっくり向きあうヨガに人気が集まるのは当然のことなのかもしれません。
心と体に効き、美しくなると言われているヨガ。
そんなヨガを普及させるヨガインストラクターになるにはどうすればよいのでしょうか。
現在のところ、日本にヨガの公的資格はありません。
日本フィットネスヨガ協会認定講師や全米ヨガアライアンスなど、主要なヨガの協会認定資格を取得することが一番の近道と言えるでしょう。
またインド中央政府公認のヨーガ・インストラクターの資格も日本の認定スクールでとることができます。
また、全米ヨガアライアンス協会の講師の資格を取得すれば世界50カ国でヨガインストラクターとしてヨガを教えることが可能になります。
こちらの資格も日本で取得が可能です。
いずれも自分と波長が合うと思うスタイルのヨガを選ぶ必要があります。
働き方はカルチャースクールやスポーツクラブ、企業内のフィットネスクラブなどさまざま。
あなたもヨガインストラクターになって、ヨガの喜びを広めてみませんか。