インテリアコーディネーターの仕事

知り合いの方で、インテリアコーディネーターの仕事はどのぐらいたいへんなのか気にしている方がいたので、調べてみたのですが、インテリアコーディネーターとは、室内空間や装飾にかかわる全般を指していて範囲は広いです。
構造を伴わない間取りの設計や内装材などの素材やカラーのコーディネート、家具やカーテンショップ、証明の店舗などでアドバイスと販売をする仕事や新築やリフォームで生活動線や設備機能の選定証明計画など、顧客と打ち合わせしてプランをまとめて要望を工事に反映させるための調整役としてのコーディネーターなどがあります。
資格を利用して制約を課される営業を指す場合も多いみたいで、商品の販売や新築やリフォームなどの空間に色彩や機能設備を提案する仕事かにより分野が異なります。
インテリアコーディネーターの仕事をしていた方の話によると、コーディネートだけではなくて、工事や建築知識が必要になることがあったり、プランの期限や工期、お客様との打ち合わせなどでプライベートの時間がほとんど取れなかったそうで、体を壊しそうになったみたいです。