カラーコーディネーターの資格

知り合いの方で、カラーコーディネーターの資格と色彩検定はどのように違うのか気にしている方がいたので、調べてみたのですが、色彩検定は、社団法人全国服飾教育者連合会が実施している検定のようで、インテリアやエクステリア・ファッション、プロダクトデザインなどさまざまな色彩の活用方法を勉強していくようです。
色彩検定の大きな魅力は、日本色研から出ている配色カードを使用して、配色調和を目と手をダブルで活用して勉強できることです。
カラーコーディネーターは、東京商工会議所が実施している検定で、色をより理論的な部分で勉強ができます。
なので、難しい印象がありますが、カラーコーディネーターを勉強したらいつもと違う色の考え方を持つことができます。
カラーコーディネーターの魅力として、一級の試験からファッション色彩、商品色彩、環境色彩を選択して受験できるので、より詳細に専門的な色彩を勉強できます。
仕事につきたい場合は環境色彩を受けると良いみたいです。