マンションの管理会社を決めるまでの注意点

マンションオーナーになる場合、オーナー1人だけではマンションの管理は大変です。そこでマンションを管理してくれる会社に管理を依頼する必要がでてきます。しかし管理会社と一口に言っても、全国には2,000社以上も存在しています。これをあまり考えずに選んでしまうと、後々に管理会社への不満が募り、結果管理会社の変更を考えなくてはならなくなってしまいます。一度決めた管理会社を変更するとなった場合、当たり前ですがもう一度どこの管理会社と契約するか考える必要がでてきます。また入金先も変更になるので、今度は住民とトラブルになる可能性もでてきます。できることなら、こういった労力は一回で済ませたいものです。では、トラブルなく円満に管理をできる会社を決定するにはどのようなことに注意すればよいのでしょうか。

トラブルにならないための理想の管理会社とは

マンションを管理するにあたっては、どのような会社に任せるのが理想なのでしょうか。そもそも管理会社とは、より住みよいマンションにするために環境改善やトラブル解決などを行ってくれるものです。環境改善とは、例えば建物の劣化や不具合を修繕する計画を立てることなどを言います。建物の劣化は一度の工事では直すことは難しく、長期的な修繕計画を立てる必要があります。さらに一度立てた計画を放置せず、日々変化していく状況に合わせて見直していくことが大切でしょう。このような見直しをきちんとしてくれる管理会社は理想的だと言えるでしょう。また、家賃の滞納者などの対応も管理会社が行います。このような滞納者への対応をきちんと行い、また回収が難しい場合は支払い督促の申し立てなどを実施できる体制があれば円滑に滞納者問題を解決できるでしょう。

管理会社を決める時に確認しておくべきポイント

前述の通り、長期修繕計画を定期的に見直すときちんと契約に入れられる会社かどうかは見ておく必要があります。マンションの状態は日々変わっていきます。そのため一度立てた計画を放置せず、マンションに寄り添った対応ができる管理会社であるかどうかというのは大切なポイントの一つです。家賃の滞納者に早めに対応し、確実に回収できるような仕組みを持っている会社かどうかも確認しておくべきでしょう。ただ、このような仕組みをきちんと持っている会社であっても、実際に業務にあたるのは担当者になります。その担当者の能力によっては管理がずさんになってしまうケースも少なくありません。そんな時でも対応できるように、合理的な理由があれば担当者を変えることができるという同意を管理会社ととれるかどうかも大事なポイントになってくるでしょう。