デメリットとメリットでマンション管理会社を比較する

マンション管理をしていくうえでその業務内容は多岐に渡ります。それをオーナーが一人で行っていくのは、困難です。マンション管理会社に委託することは大変大きなメリットがあります。管理会社の業務内容を紹介します。事務管理業務は会計報告があります。マンションの管理・維持に関する費用や管理費、修繕積立金の回収業務の基幹事務とマンションの問題を住人と共に解決していく理事会や総会の運営支援も行います。管理人業務は日々の管理業務です。清掃業務は共有エリアの清掃などの業務です。建物・備品管理業務は設備のメンテナンスや補修や点検業務等です。設備には法律で定期的な点検が義務つけられている物も多く、その管理、運営は大変なことです。これらの業務を一貫して実施してくれるので、オーナーも住人も安心して生活していけると思います。

マンション管理会社へ業務委託の仕方

マンション管理会社への委託方法を紹介します。全部委託方式はマンション管理の全ての業務を管理会社に任せる方式です。この方式のメリットは管理組合の負担が少なく、問題なくマンション管理の維持が行われていきます。デメリットは管理会社に任せきりになったり、住人のマンション管理への意識は薄れる可能性があることです。一部委託方式とは全てを管理会社に委託するのではなく、管理組合で行っていく部分を残す方法です。メリットは管理費を削減できることにあります。デメリットは管理組合の負担が増える事です。また、管理会社に委託しない管理方法のメリットは管理業務の費用を安く抑えることが出来ることがあります。デメリットは役員の負担が大変大きいことと、専門知識が必要な部分も多いので知識がないと管理が出来ないなどがあります。

マンション管理会社の種類と選び方を紹介します

マンション管理会社の種類もいくつかあります。デベロッパー系管理会社はグループ企業に建設会社を持つ企業のことを言います。親会社が施工・販売したマンションの管理をグループ内の会社でマンション管理を行っていきます。管理委託費は割高のことが多いです。建設会社系列の為、設計や建設の情報を多く持っていますし、対応も迅速なことが多いです。独立系管理会社とは系列グループがない管理会社のことです。管理委託費が安いことが多いです。管理会社のフロントマンが担当している組合数が多く、対応に時間がかかったりすることが多いです。それぞれの管理会社のメリット、デメリットはりますが、管理組合が主体となることは変わりありません。管理組合としてどのようなマンション管理をしていくビジョンをしっかりと持ち、そのビジョンを実現してくれる会社を選んでいくのが最善です。