マンションの管理会社の仕事とは

たくさんの人たちが住まうマンションでは、大きな建物の保全や多額の会計などが発生するため自己管理することが大変難しく、たいていは専門の会社に管理を依頼していることでしょう。マンションを管理する会社の請け負う仕事の内容は多岐に渡っており、管理員業務から清掃、建物・設備の管理や、会計などの事務管理業務まで、住民ではまかないきれないところを総合的に行ってくれます。多くのマンションでは自分たちで管理組合を組織しています。しかし、管理組合だけでマンションを管理することは難しく、管理を業務とする会社に依頼をして支援をしていただく形となっています。住み良いマンションにするためには、会社に任せきりにするのではなく、組合を通して住民の意思や希望をきちんと管理を依頼している会社に伝えていくことが大切です。

マンションを管理する会社への委託方式

マンションの管理を会社に依頼する場合、全てを一括して任せる全部委託方式と、部分的に業務を依頼する一部委託方式があります。全部委託だと管理組合の負担が少なく、持ち回りの役員だけでも十分に機能します。全て一括で管理してもらえますので、手続き等も簡単です。しかし、会社に任せきりになってしまって住民の管理意識が薄くなってしまうこともあります。そうなると管理を請け負った会社の言うままに進みお金がたくさんかかってしまうことにもなりかねません。 一部委託の場合は、管理をする会社が専門会社に発注している業務を自分たちで発注する形になります。自分たちで業者を選べるため、希望が通りやすかったり経費削減できたりします。けれど、発注先との交渉をしなければいけないため、管理組合の役員にずいぶん負担がかかることになります。

マンションを管理する会社は大きく分けて2種類あります

マンションを管理する会社はたくさんあります。それらを大きく分けると2分類に分けられます。建設会社のグループ企業であるデベロッパー系と、そのような系列グループを持たない独立系です。デベロッパー系は、親会社が施工販売したマンションの管理を行うため、建物の設計などの情報を持っており、修理保全など迅速に的確に行うことができます。しかし独立系に比べ、管理委託費が割高なことや、親会社に左右されやすいことなどがデメリットです。独立系は管理費が安いのが第一の特長です。しかし価格を優先するためサービスの質が落ちてしまう場合もあります。これらはあくまで一般論であり、すべての会社にあてはまるわけではありませんので、コストを削減したいのかサービスの質を向上させたいのか、自分たちの希望に沿った管理を請け負ってくれる会社を探してみてください。

マンション管理実績が30年もありますので、管理組合様にとって有益な情報をお伝えしながら、マンション管理をいたします。各事業所へのお電話でのお問い合わせは9時~18時にて対応させて頂きます。 定期的な劣化診断と修繕計画をご提案します。 創業当時から、お客様の満足度の高いサービスを追求してきており、納得のいくサービス概要を設けて、地域に根ざしたサービスにも取り組んでおります。 心地よいマンション管理をする会社なら株式会社ライフポート西洋